TEL:025-369-4446/FAX:025-333-4862
メール:chikapromotion@snow.ocn.ne.jp
営業時間:10:00~17:00(土日祝日定休日)

ブログ

かなりスピリチュアルなお話し

2017/09/20

とっても長くなりました。
ご興味があればお時間のある時に読んでみて下さい。

ここは秋葉区にある「白玉の滝」それこそ昔何十年も前に訪ねたことがあったところです。先日の北陸の旅で訪ねた場所も40年振りのところも…

今回は、また別な道先案内人から誘われ辿り着いたこの「白玉の滝」(新潟市秋葉区)

しばらく滝を眺めながら佇み心の中で対話をしてみると
ドンドン紐解けてくる!
やっぱり呼ばれているようです。

佐久那殿神社と書かれた文字があり瀬織津姫をお祀りしてるとのことです。

私の中でおきた対話では何故か菊理姫が出て来ていろんなことを説明されました。
(勝手な私の中での妄想対話です。でも、すごく納得)
ここには雄滝と雌滝があるのですが菊理姫は伊奘諾と伊邪那美を繋げた神様です。
雄滝(男)雌滝(女)滝は上段と下段にあります。天と地・神と人・男と女などと出て来ます。

これまで私がずっと描いていた使命を感じた瞬間でした。

菊理姫が語られたことは「私は菊理姫!菊理姫!菊理姫!私があなたに付きます。私がどういう存在か調べてみて下さい。
そして、それが分かったならばあなたはその役割を果たして下さい」ということでした。その場で直ぐに調べてみると伊奘諾と伊邪那美夫婦の仲裁をした神様でした。

そう!あの先日伺った白山比咩神社で伊奘諾、伊邪那美と共にお祀りされてる神様でした。
なるほど!
私は白山比咩神社へ伺った時に菊理姫は今の私には関係無い神様と思ってスルーしたのですが…実は菊理姫こそ私に付いて下さった神様なんだと改めて納得しました(失礼なことを😞

その後「あなたに、たった一つだけ願いを叶えてあげると言ったらあなたは何を願う」という質問されます。
私は欲深くお金が欲しい!と言いたいと思いました。が、たった一つだけ…と言われたら「人類すべての平和と幸福です」(きっと、みなさん最後はそう願うでしょう👼
何故だか、ずっと以前から祈っていることが私にはありました「すべての人々が健康で幸福で平和で豊かでありますように!そのために私を役立てて下さい」です。

子どものころ、母がある宗教団体に所属していて強制的に登録され団体の教義に従うよう強要されてました。子ども心にいつも感じてたことが2つたりました。

1つ目は
自分自身も含めて「人」には中に潜む「神」の部分が存在しているのだということ!

2つ目は
神様は寛大で決して強要などなさらない。どんなことでも赦されるはず!

この2つでした。

その後の私自身の人生の波乱な経験の中で身を持って痛感させられることが起こります。

借金苦で4人の子どもを連れて離婚した際、この誰の中にも潜む神(本質または才能など)の部分を感じる瞬間がありました。それは自分自身であり、護られてる部分でもありました。
だから人はどんな困難な状況でも大丈夫‼︎であることを知ってます。

そして、関わる人々の中にも潜む神(本質・才能)を何度も発見して来ました。

また、神はすべてを受け入れ赦されている!ということを私の人生で最も苦しんだ時に出会えた本「神との対話」の中で知ることが出来ました。

こうして!
私のたった1つの願いを伝えると「その願いを叶えるべく計画してる行動を起こしなさい私があなたに付きます」と言われるのでした。

思えば一番苦しい時に訪ねた五泉市村松にある慈光寺から始まった神々様をお訪ねした旅、こうして辿り着いた瀬織津姫を通しての伊奘諾、伊邪那美と菊理姫へ。

つまり、私の願いで役割でもある地球人類の中に潜む神(本質・才能)の部分を知り実現し人生を全うすることをお伝えする使命を改めて確認させられたのだと思います。

もう、すでにご存知の方も沢山いらっしゃると思います。
神(本質・才能)である目覚めのアラームが鳴り続けてます(ネガテイブな出来事は目覚めのアラームです。病気・うつ状態・離婚・自分にとって好ましくない人間関係など)
私自身の目の前でも本当に沢山のことが起きてます。
そして、生成されてます。

今日、この日はみなさんの本質を繋ぐために1番相応しい日でもあります。

自分を信じましょう。必ず後ろ盾(守護されてる)があることも信じましょう。

そういうタイミングが来ました。目覚めのお手伝いをさせて頂きたいと深く強く思っております。

私にもこれをお伝えするタイミングが来たということのようです🍀

すべての人々が健康で幸福で平和で豊かでありますように。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

-ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。